クライフ社製 等身大ドール Erie のご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Happy Halloween!

「泣ぐ子はいねぇかー?」

…もとい。「Trick or Treat!(お菓子くれないとイタズラしちゃうぞ!)」

というワケで、お馴染みハロウインの季節がやって参りました。

町内会の催しなのか、週末に子供たちが集団でマントをなびかせて
突撃となりの晩御飯ばりに、ご近所を襲撃する様子を見かけた方も多いかと思います。

20100927_panpcase.jpg

お菓子をあげる側としては、イタズラされちゃかなわないので、
飴ちゃんぐらいは、用意しておく必要がありますね。

で、せっかくのハロウイン。至お迎えは一回お休みして
ボクが、ポチってからお迎えするまでの間に、最初に購入した
お洋服(?)を、恥ずかしながら、ご紹介しましょう。
(いや、購入したけど、着せてなかったんですが、ふと仮装で思い出したもので…)


(ん?お外に興味が有るのかな?)
20100925_back.jpg

(キリッ!)
20100925_front.jpg

どうなんだろう?最初がコレって…(汗)

と言うか、たまたま見かけた子供用のパーティーグッズで
普通の服なんかより、我が子におもちゃを買う感じで買いやすかったというね…。(爆)

で、ハロウインだから、当然帽子かな?と。
20100925_hat.jpg

ですよね?(こちらは、ドンキ)
20100925_hat2.jpg


★今日のメモ:
 お迎えする前に酷く悩んだのが普段着。
 女の子の場合の、普通の服とか普段着って何だろう?と考えたら、全然分かんない。

 男に生まれて良かったです。
 
スポンサーサイト
[ 2010/09/26 02:37 ] Erie | TB(0) | CM(4)

至お迎え(2)

ウイッグをシャンプー中のワンショット
20100920_phot13.jpg

---- 第二章 

LOVE BODY aki とは、空気を入れて膨らますと
人型の浮き袋になるレジャー用品で、海水浴やプールでの水遊びにもってこいです。
(あ、そこの未成年の君。画像検索とかしないように!)

透明ボディでヘッド無しですが、首、腕、足が付いています。

「透明って、ちょっとお洒落かも。」
ボクは、マネキンのようにクールな外観に感心しました。

たまたま、2種類のパッケージが陳列されていて、値段が違います。
安い方がノーマル。もう一方の高い方は、ハスラーだったかな?
どうやら、下着メーカーとのコラボみたいで、ブラ&パン入りでした。

「これ、部屋に飾っとくって有りかな?」

嗚呼…。魔が差したとは、こういうコトを言うのでしょう。
悩みを抱えて弱くなっているボクの心の隙間に、
aki という悪魔が忍び込んで来たのです。

aki が肌色ボディだったら…。
aki にヘッドが付いていて、それが好みで無かったら…。

間違いなくボクは、適当なムフフ系DVDでも買って、とっとと帰宅していた
世に等身大ドールなるものが存在することを知らずに生涯を終えたはずです。


---- 第三章 aki へ(ありがとう。そして、さようなら…)

さて、2つのパッケージのウチ、ボクがどちらを購入したかは、
ご想像にお任せしますが、ま…、帰宅しました。

分かり切っていたコトですが、膨らまさなきゃいけません。
何十年ぶりかで、ビニール製品を口で膨らますコトにチャレンジ。

注入口を口に咥えた瞬間、広い宇宙と一人ぼっちの自分を自覚しましたが、
膨らましはじめると、童心に帰ったのか、がんばっちゃいました。

で、膨らむ前に、慣れない動きをさせられた唇が動かなくなりました。(爆)
(フガフガしちゃいましたよ。)

少し休んで再挑戦。
酸欠気味で意識が朦朧とする中、超宇宙的存在を感じました。

やがて、ブツは形になってゆきました。
でも、どの程度が満タンなのか良く分からないボクは、
これでもか、これでもか!と、空気を注入し続けました。

もう、コレ以上は入らないって位まで入れて、ようやく気が済みました。
パン!パン!です。ボクは大満足です!ありがとうございました!

入浴を済ませ、サッパリするとともに、そろそろ寝なきゃな時間です。
ふと aki を見ていると、膝枕とか可能だろうか?などと思いつきました。

aki の向きを、アレコレ変えてみて、横向きにしてお腹に頭をおくことに。
「思ったより、寝にくい」とか思いながら、ボクは落ちて行きました。
そう。深~く、深~い眠りへ。

・・・・・・・

ボクの aki との思いでは…、これだけです…。
なぜなら、次の日、目覚めた頃、aki はシオシオになっていましたから…。

----- つづく

…馬鹿じゃないの。
20100920_phot2.jpg
[ 2010/09/20 23:17 ] Erie | TB(0) | CM(0)

至お迎え(1)

雨が降ったせいもあり、昨日は、とても涼しい一日でしたね。
このまま一気に秋へ進むのか、それとも残暑がぶり返すのか?

20100916_admin_3.jpg

さてさて、試行錯誤だらけの Erie と一緒の生活にも、ようやく慣れて来ました。

こんな感じ(↓)が多いかな。
・朝:起床→Erie就寝(収納)→お布団畳む→掃除→食事→お出かけ
・夜:帰宅→雑用→お布団敷く→Erie起床(取り出し)→Erie就寝(お布団)→入浴→添い寝

可愛そうに、Erie は、1日に2回寝かされてる感じですね。


ま、そんなワケで、そろそろ(忘れる前に)お迎えに至るまでの経緯を書きたいと思います。
題して、至お迎え。今回は、第1回目です。


---- 序章:悩み

2010年7月当時、ボクは悩みを抱えていました。
いや、それは既に、何年も続いているコトだったかも知れません。

具体的にお話するのは、お恥ずかしいのですが、要するに
ぽこちんのグリップ力が落ちてきて、ソフトボディな感じだったのです。

「俺は男として、もう終わりかけているのか?」

ボクは人知れず、死刑宣告された囚人のように恐怖していました。
そして、思いつく限りのハッスルしそうな材料を、
可能な範囲で試しまくりました。

そんなサーチ&トライなある日、ふと立ち寄ったのが中古 DVD 屋さん。
(ムフフな AV でも探すつもりだったのでしょうか?全く思い出せません。)

すると、入ってビックリ、そのお店には、大人のオモチャが売っていました。

せっかくだから(?)と、素敵な商品名が並ぶ陳列棚を冷やかしていると、
今まで見たコトがないブツを見つけました。

そう。それが、LOVE BODY aki でした。

---- つづく
[ 2010/09/17 02:23 ] Erie | TB(0) | CM(0)

今の私を…残しておきたいの

彼女は、そう言ってボクに背を向けると
羽織っていたバスタオルをはらりと落とした。
20100912_yokogao.jpg

…いいのかい?
彼女は、コクリとうなずいた。

ボクは、あまりにも眩しい彼女の背中を直視できずに
目を伏せるようにカメラを手にとった。
20100912_bup.jpg

シャッターを押そうとする。呼吸が上手にできなかった…。
20100912_low.jpg

やがて、うつ伏せになったまま彼女は動かなくなった。
20100912_back.jpg

ボクは、彼女が泣いている事に気付いていた。


解説:
  かの宮沢りえさんは、「大人になったら、私絶対太るから…」と言って
  10代でサンタフェというヌード写真集を出しました。
  
  将来太るという根拠は、お母さんが太っているから…という
  男の頭髪における「親父がカッパ型だから、俺も…」と同様、
  確かなものでしたが、可愛そうに激ヤセする境遇に…。

  私も、収納ケースから出したり入れたり、アレしたりコレしたりで
  Erie の身体にダメージを与え続けてしまうのでしょうが、
  綺麗なままでいてもらえるよう、ケアも忘れないで行きたい所存です。

  といったような事を表現しようとしてます…か?(爆)
      
   
★今日のメモ:
 セキュリティ強度は弱々ですが、収納ケースのカギを理由なくご紹介。
 留め具と100均のダイヤル錠。
 留め具は、段ボールの裏に木材を貼ってネジ止め。
 (こんな工作も、プチな日曜大工といった感じで面白かったりします。)

20100908_box_1.jpg

[ 2010/09/13 03:05 ] Erie | TB(0) | CM(0)

添い寝って言うか…

なーに?
20100909_pajyama2.jpg

なんて、お布団に入って電気を消すまでの間、
ちょっとだけお話する時間を持つのも悪くないッスね。

変な話、小さい頃というか
兄弟と川の字になって、お袋・親父と同じ部屋で寝ていた頃を思い出します。

夏場は、大きな蚊帳を張るんですが、
その蚊帳の中に潜り込むのが、なんとなく楽しかったような…(^^

ふーん。
20100909_pajyama


★今日のメモ:
 パジャマは、ダイソーで買った身長120cm前後の子供向け。でもピッタリです。
 (靴下とか、お迎え前に結構買っちゃいましたね。)

[ 2010/09/10 01:12 ] Erie | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。