クライフ社製 等身大ドール Erie のご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Generation について

ボクんちの Erie は、Erie Generation 4(第4世代)です。
でも、ボクは、それより前の世代の Erie を良く知りません。

そこで、今日は、Internet Archive(http://www.archive.org/)
辿れる範囲で Generation 1, 2, 3 について、調べてみましょう。
(補足)…Internet Archiveは、過去にインターネット上に公開されたWebページやメディアファイルなどのアーカイブを無償で閲覧できるサービスです。
(正確には、このサービスを運営している非営利団体の名称)
リンク切れや画像の欠落が生じている場合も多いですが、既に削除されたサイトであっても、アドレスさえ忘れなければ、公開されていた当時の状態を再現(Take me back!)できる可能性が有ります。

なお、「Generation ~」という世代に対する表現は、
Generation 4 から用いられているようで、それ以前の世代がリリースされた当時
商品説明に「Generation…」という単語が登場することはなかったようです。

なので、例によって、商品のバージョンアップのお知らせに、ボクが勝手に
「2, 3」と、当てはめているだけのお話という事で、ご理解願います(^^;

◆Generation 1
2006年6月 初代リリース。
この時の各タイプ(Cute、Beauty、Adult)の商品説明に使われている写真は、
2011年9月現在の実家サイトのギャラリーページにも、そのまま使用されており、
初代から G4 まで、外観が基本的に変更されていないコトが分かります。
20060611_toppage.jpg
20060611_cute.jpg20060611_beauty.jpg20060611_adult.jpg

◆Generation 2
2007年5月 第2世代リリース。
<特徴・改良点>
・スキン層の質感改善と紫外線対策の強化
・コア材の柔らかさアップと紫外線対策の強化、臭いの軽減
・骨格・関節部の改良
20070526_toppage.jpg
20070526_cute.jpg20070526_beauty.jpg20070526_adult.jpg

(第2世代における改良点の説明ページ)
20070526_chg_1.jpg

◆Generation 3
2008年12月 第3世代リリース。
ヘッドの取り外しが可能となり、太もも裏側など横方向に走っていた
パーティングラインが消えて継ぎ目が側面の1本にるなど、
構造的に現行の Generation 4 にかなり近くなります。
<特徴・改良点>
 ・ヘッドの取り外しが可能となった
 ・腰に可動部品が追加されて自然な動きとポーズ保持が可能となった
 ・爪が着色済みとなった
 ・スキン層の厚みが増して質感が向上した
 ・パーティングラインは、身体の側面のみとなった
 ・ホールの取り付け位置が変更となった
 ・コア材、骨格・関節部、付属品が改良された
 ・専用スタンドが付属(2011年9月現在は、オプション)
 ・ショーツが付属
20081209_toppage.jpg
20081209_cute.jpg20081209_beauty.jpg20081209_adult.jpg

(第3世代における改良点の説明ページ)
20081209_chg_1.jpg 20081209_chg_2.jpg

◆Generation 4(Hug)
そして、2009年11月、
ついに Generation 4(コードネーム Hug)がリリースされました!
第3世代からの変更点は、ズバリ、写真では伝わり難い感触など
手にとって初めて分かる細かな部分での品質のアップ!かな?(^^*
20091126_toppage.jpg

20091126_G4_info_1.jpg 20091126_G4_campaign.jpg

(2011/10/07追記)…Generation 4 用に骨格の設計も見直されてるという事で
 Generation 1 発売直後の工場見学レポートを参考に書いた
 こちら(↓)のエントリの骨格想像図も、いよいよイイ加減なモノに…。
 どうか皆さま、広い心を持って忘れて下さい!(爆)
 ≫可動についてなど(3)の続き(構造についてのおさらい等)


以上、今日はここまで!

★今日のメモ
  Erie は、最初から Erie だった…!(^^*

■追記…世代の違いを見分けるには?
分かりやすいところで、この辺かな?(2011/10/6更新…図追加等)
確認項目|Generation G1('06/06~) G2('07/05~) G3('08/12~) G4('09/11~)
爪への着色 なし(ご自分でどうぞ系)
20111003_G1G2_nail.jpg
あり(明る目のピンク系)
20111003_G3G4_nail.jpg
肩周りのボリューム
(G3から若干アップ)
※図は誇張して描きましたが
 実際には素材の厚みが増し
 た事による僅かな違いかと…
20111006_G1G2_shoulder.jpg 20111006_G3G4_shoulder.jpg
腰の自然な可動と保持
(世代毎に骨格の改良あり)
20111006_G1G2_structure1.jpg 20111006_G3G4_structure1.jpg
ヘッドの取外し 不可
20111006_G3G4_head.jpg
ショーツ付属 なし あり
腰、太もも裏の継ぎ目 あり
20111006_G1G2_back.jpg
なし
20111006_G3G4_back.jpg
ヘッド部の継ぎ目 目立つ位置に…
2011102_G1G2_face.jpg
目立たない位置に…
2011102_G3G4_face.jpg
キャップとホール キャップ付属せず

20111006_G1_hole.jpg
ツバなしキャップ
(つっかえ棒付き)
20111006_G2_cap_hole.jpg
ツバ付きキャップ
(ホール側エッジ部強化)
20111006_G3G4_cap_hole.jpg
感触(G1基準) 柔(小) 柔(中) 柔(大)
テカり度数(G1基準) よりマットに
コア材のウレタン臭
(G1基準)
軽減

…な~んて表を、Generation 4 しか持っていないクセに書いてみたんですが、
よくよく考えれば、これって、
Ta-boさんの着せ替え資料室で大体分かってしまうのでは?(汗)
(着せ替え資料室の「Ta-boのむしゅめ達」をご参照ください)
要するに…、
エリィーさん←Generation 1
エリニさん←Generation 2
エリミさん←Generation 3
…というコトな訳ですから…。

グスン!(涙)
きっとボクなんて要らない人間なんだ…。うわーん!(爆)

スポンサーサイト
[ 2011/09/20 06:30 ] Erie | TB(0) | CM(3)

今日は忙しいから股にして!

やっぱりパジャマが一番落ち着くね♪(←俺の方がね(爆))

20110913_pajama.jpg

ボクは、標準で付属するウィッグの他にも、
100円で色々な夢が買える素敵なお店、ダイソーさんなんかで購入した
パーティーグッズのカツラを必要以上に含めた形で、
スペアのウィッグをコレクションしていますが
(貧乏臭さを隠すために、言い回しをエレガントにしてみました。成功してますか?)
やはり、標準ウィッグが一番しっくり来るのと一緒ですね。



さて、そんなワケで(?)、気持ちも新たに
ケア&メンテシリーズを続けたいと思います。

■第16回…キャップの加工および、お洗濯についてなど

前回の記事にて、工作ラブボディさんの自作ウィッグスタンドを
コピーさせて頂いたコトで、我が家の自作パーツ群に、
自立用のスタンドと、ウィッグスタンドが揃いました。

ふと気になったんですが、他にも自作とか、そこまで行かなくても
手を加えているモノが有ったような。収納箱…。あ、一応アレもそうか。

でも、収納箱じゃなくて…。あ、分かった。これだ!

20110913_cap.jpg

これは何でしょう?
等身大ドールをお持ちで無い方には、馴染みゼロだと思いますが、
等身大ドールには、大抵付属するホールキャップと言って、穴をフタするものです。
(「知っとるわ!」という声しか聞こえて来ない気がしますが、淡々と続けます) 

本来は、フタの部分が普通に楕円なんですが(透けてるので分かりますね(^^;)
書類や資料を入れて持ち歩ける透明なケースファイル
(商品名としては、ドキュメントカラーバックとか)の一面を適当にカットして
Rを点けてから両面テープで接着する感じで「ツバ」の部分を拡大してあります。

◆なぜ、キャップを加工したのか?

  Erie のホールキャップは、Erie 本体と同じ構造&材料で作られています。

 コア材は固めに調整されているようですが、
 ツバの部分が薄目で、本体同様に柔らかいため
 次のような悲劇(喜劇?)が起きてしまい、手を加えるコトにしました。

 それは、お迎えしてしばらく経ったある休日での出来事です。

 いつものように洗濯しようと 嫌がる Erie を裸にひんむいていたところ、
 (スミマセン、ちょっと悪ぶってみました…(爆))

 何か違和感を感じたので見てみたら、
 「あれ?…キャップが無い!」と、ひとり大騒ぎすることに…(爆)

 よく見たら、キャップがホールの中に入り込んでしまってました。

 「ツバ」の部分が柔らかいのと、ホール側も多少広がる柔軟性が有るため、
 スタンドに立たせている間に、自重で収まってしまったようです。

 そう言われてみれば、どなたかのレポにも、
 「入っちゃうかも…」なんて、書かれていたような気が…。

 ボクんちでの Erie は、立って過ごしてもらってる時間が長いと言うか、
 自作スタンドだけでなく、収納箱の中にもスタンドが有って
 サドル上に跨らせて立たせているので、キャップが入り込んでしまうと、
 ホールの淵が傷んでしまいそうです。

 これは何とかしないと…と考えて、こんな処置を施しました。

◆キャップから、まさかの洗濯話

 洗濯の話を出しましたが、ウチの Erie はパジャマが普段着みたいなもんなんですが、
 汚れ防止を一番の目的に、足には白いストッキングか、
 靴下代わりにこんなのを履かせてます。
 (この辺は、諸先輩方のサイトを参考にしてる感じですね(^^;)

 20100920_stocking_white.jpg

 20100907_socks.jpg

 手には、こちらを(すぽっと手首に被せる感じで)
 最近見つけたんですけど、手袋より、ちょっとイイかなぁ?なんて思いまして(^^;

 20110913_hand_cover.jpg

 で、間隔は適当ですが、身に着けている衣類は、定期的に洗濯してます。
 週に何度か洗濯する日がありますが、
 Erie のは、だいたい、シーツとか敷布(★9/14訂正…同義語でした(爆))
 シーツとかリネン系の洗濯物と一緒に…という感じですね。


以上、今日はココまで!
[ 2011/09/13 06:28 ] Erie のケア&メンテ | TB(0) | CM(2)

お迎え一周年(続:ウィッグ洗髪の勧め)

今、バタバタと記事を書こうとしています。

★今日のメモ
 締切厳守…

★あ、日付変わっちゃった・・・(涙)

 ドール道 ケアする事と 見つけたり
 (読み人知らず)



以上は、Erieお迎え一周年を迎えた昨日の深夜に、
ボクが悪あがきしていた時のログです…。

お見苦しい所をお見せしてしまい、申し訳ありませんでした。
その後も、色々と有りまして…。投稿は間に合わず…、力尽き…Orz

という訳で、本日9月6日は、Erie をお迎えして
Erie をお迎えして、このブログを開設して一周年の日です…(★▲○■×♪❤)

…あー、そうさね!俺はそういう男さ!
(見に来て下さった方、本当にどうも、すみませんでした!(爆))



と言う訳で、遅くなりましたが、工作ラブボディさんにご紹介頂いた方法での、
ウィッグ洗髪後の様子をば。

うん!サラッとしてヴォリュームも若干アップ。イイ感じかも。
(ヘア・アイロンで、少し毛先をカールして、ウェーブ復活に挑戦)
★9/7追記…Erie に標準品として付属するプリシラ製ウィッグは、
 (Erie Beautyには、A-270 キューティージャギーが付属)
 耐熱タイプではないため、本来は、アイロンやドライヤーの使用NGです。
 ボクは「ちょっとだけ…」と、温度を低めに調整して、やったりしますが(^^;
 頻繁に同様のケアをする場合は、耐熱表記のあるウィッグ購入をご検討下さい。
 …と、一応お断りの追記をさせて頂きますね。
 (ご参考までに≫プリシラ-オフィシャル通販サイト-全頭ウィッグへ


20110905_stand_setting_after.jpg20110905_after.jpg

動画を紹介して下さった、工作ラブボディさんも書かれている通り、
洗髪前にウィッグを梳かす事はとても重要だと思います。

普段、髪型を整える場合にも言える事だと思いますが、
ブラシを使う前に、まずは、手櫛で軽く梳かしてみて、
指が通る状態まで持って行った方が良いかなと。

指が通らない時は、そこで髪が絡んでしまっている可能性が有るので、
それ以上力を入れないで、両手を使って丁寧に髪をほどいてみて下さい。

もしかしたら、毛先が折れたり変形してしまっているのが数本あって、
それが周りの正常な毛まで巻き込んでしまっているかも。

そのような状態で、ブラッシングをしたり、寝かせて保管するなど
ウィッグを何かに押し付けるような状況に置いてしまうと、
傷みがひどくなってしまう可能性が有るように思います。

ボクは、変形した毛先を見つけたら、下図のように切ってます。
20110905_hair_car.jpg

という事で、夜の夜中に彼(俺物語さん)は、
 お迎えの時に頂戴した浴衣を着せるべく、孤軍奮闘していました。
 まるで、一年前を思い出して、その時の状況を再現するかのごとく…。

20110906_first_anniversary_1.jpg

20110906_first_anniversary_2b.jpg

 浴衣の着せ方に悩む様子…。
 浴衣を着せるのにかかった時間…。

 彼は気がつきました。そう。
 彼という人間が、一年前から何も変わっちゃいない(進歩していない)事を(爆) 

★今日のメモ
 小さなカップケーキで申し訳なかったけど、
 慎ましく、お祝いしました。(^^;
20110906_first_anniversary_3_desktop.jpg

 という訳で、皆さんにお世話になっての一年でした。
 見て頂いて感謝いたします。本当にありがとうございました。
 今後とも、宜しくお願いいたします。m(_ _)m
[ 2011/09/05 23:31 ] Erie のケア&メンテ | TB(0) | CM(4)

ウィッグ洗髪の勧め

★今回の記事は、工作ラブボディさんのブログからのトラックバックです。
 生まれて初めてのトラックバックで多少緊張しております!(爆)

コストを考慮した上での素材選びと、目的に沿った
現実的な設計方針をお持ちでありながら、
非常に挑戦的でハイレベルな工作(^^;でお馴染み、
「工作のためのラブボディ」の工作ラブボディさんが、
ウィッグのケア(シャンプー&リンス&ドライ)について、
ボクも含めた、一般の等身大ドールオーナーにも非常に参考になる動画と、
オリジナル自作ウィッグスタンドの作例を紹介して下さいましたので、
トラックバックさせて頂きます。

ウィッグのケアに興味が有る方は、是非ご参照ください。
以下に一部を引用して、当該記事へのリンクを張らせて頂きます。

≫工作のためのラブボディ(記事番号48より)
20110904_lovebody_1.jpg20110904_lovebody_2.jpg


レンの方はしばらく時間がかかるので、随分前に用意したネタを先にあげておきます。タイトルのとおりウィッグの洗髪なんですが、私自身「めんどくせー」「どうせ変わりゃしないよ」なんて思っていたので、ずっと放置だったのですが、とにかく指通りが悪く絡まる。指を通すとこんな有様。 黒く太いのはネットの一部。毛先はまとまらずバサバサ。こんな状態ではスタイリングなんてうまくいくはずもなく、ウィッグ用のメンテキットで...
≫【トラックバック記事タイトル】ウィッグ洗髪の勧め



以下、紹介して頂いている動画のスクリーンショットを少し。
やはり、このように見本を見せて頂くと、参考になりますね。
例えば、シャンプーを手に取る時の量ひとつとっても
(ウィッグによって違ってくるとは言え)
何かしらの目安が有ると、それを基準として考える事が出来ます。


20110904_Caring_3.jpg20110904_Caring_4.jpg
20110904_Caring_5.jpg20110904_Caring_8.jpg
20110904_Caring_9.jpg20110904_Caring_10.jpg

…と言う訳で、ボクも早速、工作ラブボディさん作の、
自作ウィッグスタンドを、コピーさせて頂きました。(^^*

こーいうのを、サクッって考えて作れちゃうってのは、本当に
凄いと思いましたね。
(材料と一緒に、水滴を受けるトレイも購入して敷いてみました)
20110904_stand.jpg

ボクは、不覚にもビニールでコートされたワイヤーをゲット出来なかったので
また、そのうち作り直すかもしれませんが、
それも苦にならないと思われる程、作る手間はかかりませんでした。

★私ごとですが、明日は Erie お迎え一周年となります。
そんなワケで、動画を参考にウィッグを洗髪しようかな…と。

今はこんな感じ。何度か自分なりの方法で洗髪してますが、
ウェーブが取れてストレートヘアっぽくなったかな(^^;
20110904_before.jpg

ウィッグをスタンドにかけて…と。
(もう少し背を高くしてもイイかな。後でやろうっと)
20110904_stand_setting.jpg

これから洗うから、髪が乾くまで、まっててね♪
20110904_wait.jpg

★今日のメモ
 明日の夜、動画を参考に洗髪した結果のご報告を兼ねて、
 お迎え一周年を振り返る(とまでは、多分いかないけれど)記事を
 投稿出来たらイイなぁ…なんて、思ってます(^^;

★追伸
 トラックバックをご了承下さった、工作ラブボディさんに感謝します。
 ありがとうございました!m(_ _)m
[ 2011/09/04 15:58 ] Erie のケア&メンテ | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。