クライフ社製 等身大ドール Erie のご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

至お迎え(5)

涼しくなった…を通り越して寒かった日の夜に、風邪をひいてしまいました。
季節の変わり目が苦手な方、ご注意を!(ボクは、早くも暖房を使用しています。)

うつさないようにマスク(ウソ)
20101019_eyepow.jpg


---- 第八章(そう言えば、「トルソー」って単語、知らなかったなぁ…)

回想に耽っている新米ドーラーの俺物語2010さん。はじめまして。
この度は、等身大ドールお迎えを御検討中とのことで、当脳内代理店
「買おうか買うまいか」に御来店いただき、誠にありがとうございます。

まずは、初診の際に必要な問診票…。おっと失礼。当店のアンケートにお答えください。

■Q.
 貴方の好きな女性のタイプは? 容姿に限った好みで構いません。

■A.
 そうですねー。あっち方面(?)だと、Shyla Stylez さんがドンピシャです。
 【myspace.com での Shyla Stylez さんのアルバムのページ(R18よ!)】
 (2011/09/12 リンク先のアドレスを更新)

■Q.
 しばらくお待ちください…(英語の成績がチェックされているらしい)
 あのー…。
 ご参考までに、対象を日本人に限定してお答えいただけますか?

■A.
 こっち方面(日本?)だと、特定の好きな人ってのは、居ないです。
 しいて言えば、背の高い草が茂った夏の草原で、風で飛びそうな麦わら帽を
 被ってる髪の長い子ですかね。水色系のお洋服というか、
 ワンピースのスカートも長めでね。

■Q.
 …先ほど名前を挙げて頂いた女性と、真逆みたいな気がするのですが?

■A.
 あー。そうかもしれませんね(笑)。でも、絵的に好きってだけですよ。

■Q.
 うむ。しばらくお待ちください…。
 (それ言って、クララ?とか言われた事が無いかチェックしているらしい)
 えーっと。で、お迎えの目的は何でしたっけ?
 確か、お電話では、「アッチの方は、まぁ別に無くてもイイかなぁ?なんて(笑)」とか
 私どもには、良く分からない事を仰ってましたが…。

■A.
 ぶっちゃけ自分でも良く分かんないッス。何しろ初めてなもんで。
 なんつーか、お迎えしてからがイメージ出来てないんですよ。

■Q.
 でも、欲しい…と?

■A.
 ハイ。欲しくなっちゃいました。

■Q.
 そうですか。まぁイイでしょう。
 では、年齢的な理想みたいなのは有りますか?

■A.
 同年代か、年上です。

■Q.
 熟女じゃねーかよ!…あ(汗)、大変失礼しました。
 お客様に向かって…なんという事を…、本当に申し訳ございません。

 うーむ。それはチョット…難しいかなぁ…。しばらくお待ちください。
 (着せ替え資料室で調べてくれているらしい)

 あっ…!!(気付き)。
 そう言えば、お客様は、若く見られる事が多いですよね?

■A.
 そうですね。良い事なのか悪い事なのか分かりませんが…。

■Q.
 こうしましょう!
 お客様も若く見える。娘さんも、実際は、ある程度の年齢なのですが、
 若く見えてるという設定!いかがですか?

■A.
 意味が良く分からないんですが…。

■Q.
 そんな年代の娘っこは居ないっつてんだよ!……あっ(汗)
 またしても、お客様に向かって…なんという…。
 土下座いたします。お許し下さい!

■A.
 いや、まぁイイですよ。正直、話が見えてないので…。
 とにかく頭を上げて下さい。

■Q.
 お客様、大変申し上げにくいのですが、ちょっとですね…。
 丁度良いお年頃の女性は、居らっしゃらないようでして…。
 
 そうですねー、やはり20代ですかねー。
 例えば20代ですと、この娘さん達が該当しますが、いかがでしょう?

■A.
 うーん…。皆さんお綺麗なんですが、どちらかと言うと可愛い感じというか…(苦笑)
 あ!(発見)
 この人綺麗ですね。(→MakePureのDeep~L~さんを指して)

■Q.
 あぁ…。はい。そうですね。(何故か、あまり歯切れが良くない様子)

■A.
 でも、あれかなー。
 こんなにセクシーな表情で、部屋にずっと居られたら、落ち着かないかなぁ~?(笑)

■Q.
 まぁ。そうでしょうね。(何故か、作り笑顔で)


…ここで、ボクは不意に意識を失った。
どうやら、出されたコーヒーに一服盛られていたらしい。何故だ!?

その後、手錠をはめられて鉄格子の中に放り込まれたようだ。

首だけ動かして周りを見る。

薄汚れた壁に血で書いたような文字を見つけた。

まだ痺れが残る身体を起こして、近づいた。

文字を読んだ。

「良く考えて、本当に必要なモノだけ買うようにしなさい。
 でないと、お金なんて貯まらないんだよ。 ~母より~」

「食玩とか、目に付いたものを、すぐに買おうとしない事。
 本も図書館で借りればイイのよ。2回以上読む事なんて、滅多に無いんだから。
 狭い部屋が片付かないでしょ。 ~彼女より~」


不快な刺激が、心をかき乱した。
(お迎えするか否か…。ボクなりですが、悩みました)

---- つづく

★今日のメモ:
 添い寝はウイッグを痛めると学んでいた筈ですが、スペアを用意していませんでした。
 実際に痛んで来たようなので、とりあえず、写真のを購入。

スポンサーサイト
[ 2010/10/19 00:27 ] Erie | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。