クライフ社製 等身大ドール Erie のご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

指先編パートII(裂けなど)

■インフォメーション

・「楽しく読める!主とドールの雑学ブログ」でお馴染みの主さんが、
新しく別館を開設されました。タイトルは、「主の北国便り(仮)」です。

【主の北国便り(仮) By 主様(★お引っ越しされました。追記参照)】
20110214_mybookmk_nushi_aizoom.jpg
マスコットガールは、二次元の愛ちゃん。表情豊かです!

別館では、主さんの日々の出来事や、考えたコトなどを
エッセイ形式で綴って行くご予定とのこと。

なお、別館の更新は、主に本館がお休みの日という事です。
(本館に新着記事が無い時は、別館をチェック!です(^^*)

★2011/02/25 追記更新
主さんの別館「主の北国便り(仮)」が、お引っ越しされたそうです。
ブログのタイトルも、正式に「HOTなチャンネル-北国通信-」に決定。
新しいアドレスは、こちら(↓)です。(別館では、著者名 syura11さん。)


【HOTなチャンネル-北国通信- By syura11様こと、主様(http://syura11.blog.fc2.com/)】
20110225_mybookmk_nushi_other3.jpg



■第4回:パーティングラインに裂けが生じた場合など(主に指先編)
 さて、今回は、パーティングライン上に、裂けが生じた場合と、
 指先内部のダメージについて書かせて頂きます。

 …って言うか、こんなに怪我させているのは、ボクだけなんじゃ…(爆)
 大事にしている方、これからお迎え予定の方は気分を害されるかも…。

 この辺のお話が、あまり好みで無い方は、スルーして下さいm(_ _)m 

 
 ◆①パーティングライン上の裂け
 まず、こちらの写真を見て下さい。見事なピンボケで分かりにくいと思いますが
 パーティングライン上が開いてしまっているのが、見えますでしょうか?
20110215_fingertear_0a.jpg

 このような裂けについては、ボンドを爪楊枝に付けて、
 コア材(ピンクのポリウレタンフォーム)側に塗り、
 指全体をティッシュなどでくるんでスキン層を圧迫し、
 裂けた個所が閉じる状態にして、しばらく安静にしておきます。

 ■手順…爪楊枝で接着材をつけて…。ティッシュでテーピング(セロテープや輪ゴム止め)
20110215_fingertear_2.jpg


 ◆②知っておきたい指先内部のダメージ
 Erie の指先を触ってみて、お迎え当初ほどコア材の厚みを感じられず、
 むしろ、ワイヤーの感触の方がハッキリしてきたら…。
 コア材が潰れて、指先内部が空洞化している可能性が有るかも知れません。
 
 このような状態では、コア材がクッションの役目を果たしていないので
 ポージングするとワイヤーで直接スキン層が押されるコトになり、
 スキン層の痛みが早くなると思います。
 

イメージ(1):コア材が元気な頃。指を曲げても、スキン層とワイヤーの間にコア材が有る。
20110215_fingertear_3a.jpg

イメージ(2):コア材が潰れている場合。指を曲げるとワイヤーがスキン層を直接押してしまう
20110215_fingertear_4a.jpg

ボクは、強引ですが、こちらの染めQの革製品用「ひび割れ・穴 補修パテ」を
空洞化した指の中に注入しました。

ええ。もうこの症状は経験済みです…(爆)

(2011/02/16追記…補修パテに関する注意)
…乾燥後の補修パテには、柔軟性が多少有るものの、
コア材のような柔らかさでは無いため、処置後の指は、硬くなってしまいます。
そういう意味で、この処置は、お勧めできません。参考程度に見て下さい。
20110214_care_someqp.jpg


★今日のメモ:
 昨日は、バレンタインデーでしたね。
 ちび助が、Erie からチョコを貰っていたようです!(^^*
20110215_thibi_vday.jpg
スポンサーサイト
[ 2011/02/15 07:30 ] Erie のケア&メンテ | TB(0) | CM(2)
こんにちは、別館のご紹介ありがとうございます。
仕事の合間にちまちま更新していきますので、よろしくです。

うちのErieはまだパーティングラインの裂けは経験して
いませんが、遅かれ早かれ(?)かもしれませんね。
大事に大切にと思いつつも・・・形あるものはいずれ・・・かな(笑)


症状が出た時には参考にさせてもらいます(^^♪
[ 2011/02/15 14:41 ] [ 編集 ]
こんばんは
主さん、こんばんは!

> 仕事の合間にちまちま更新していきますので、よろしくです。

了解しました!楽しみにしています。(^^

> うちのErieはまだパーティングラインの裂けは経験して
> いませんが、遅かれ早かれ(?)かもしれませんね。
> 大事に大切にと思いつつも・・・形あるものはいずれ・・・かな(笑)

そうですね。
それは、覚悟しておかなきゃ…と思ってます。

しかし…。
やはり、主さんちの Erie さんは大丈夫な個所なんですね。(^^;

書いてる時に、薄々感じてました。
多分、他のユーザーさんは大丈夫なんだろうなぁ…と(爆)

ココだけの話(?)
他にもドールをお迎えして、Erie に集中している負荷を
下げるべきじゃないのか?と考えたコトも有るんです。

> 症状が出た時には参考にさせてもらいます(^^♪

ありがとうございます。

文中にボンドとだけ書いて、商品名は書かなかった個所が有ります。
何種類か買って実験してみたのですが、
自分がベストと思ったものは、使用にあたって
少し注意が必要なんですよね。

手早く作業を済ませなくてはイケないのと
少々リスクを伴うので明記しませんでした。

最低限、コア材とスキン層の両方を傷めないという条件だけで
探しても、結構色々と有るみたいです。

その辺のお話で、また何か見つけたら報告しますね。
(その前に、ダメージを与えないように注意なんですが(笑))

[ 2011/02/16 00:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。