クライフ社製 等身大ドール Erie のご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウィッグ洗髪の勧め

★今回の記事は、工作ラブボディさんのブログからのトラックバックです。
 生まれて初めてのトラックバックで多少緊張しております!(爆)

コストを考慮した上での素材選びと、目的に沿った
現実的な設計方針をお持ちでありながら、
非常に挑戦的でハイレベルな工作(^^;でお馴染み、
「工作のためのラブボディ」の工作ラブボディさんが、
ウィッグのケア(シャンプー&リンス&ドライ)について、
ボクも含めた、一般の等身大ドールオーナーにも非常に参考になる動画と、
オリジナル自作ウィッグスタンドの作例を紹介して下さいましたので、
トラックバックさせて頂きます。

ウィッグのケアに興味が有る方は、是非ご参照ください。
以下に一部を引用して、当該記事へのリンクを張らせて頂きます。

≫工作のためのラブボディ(記事番号48より)
20110904_lovebody_1.jpg20110904_lovebody_2.jpg


レンの方はしばらく時間がかかるので、随分前に用意したネタを先にあげておきます。タイトルのとおりウィッグの洗髪なんですが、私自身「めんどくせー」「どうせ変わりゃしないよ」なんて思っていたので、ずっと放置だったのですが、とにかく指通りが悪く絡まる。指を通すとこんな有様。 黒く太いのはネットの一部。毛先はまとまらずバサバサ。こんな状態ではスタイリングなんてうまくいくはずもなく、ウィッグ用のメンテキットで...
≫【トラックバック記事タイトル】ウィッグ洗髪の勧め



以下、紹介して頂いている動画のスクリーンショットを少し。
やはり、このように見本を見せて頂くと、参考になりますね。
例えば、シャンプーを手に取る時の量ひとつとっても
(ウィッグによって違ってくるとは言え)
何かしらの目安が有ると、それを基準として考える事が出来ます。


20110904_Caring_3.jpg20110904_Caring_4.jpg
20110904_Caring_5.jpg20110904_Caring_8.jpg
20110904_Caring_9.jpg20110904_Caring_10.jpg

…と言う訳で、ボクも早速、工作ラブボディさん作の、
自作ウィッグスタンドを、コピーさせて頂きました。(^^*

こーいうのを、サクッって考えて作れちゃうってのは、本当に
凄いと思いましたね。
(材料と一緒に、水滴を受けるトレイも購入して敷いてみました)
20110904_stand.jpg

ボクは、不覚にもビニールでコートされたワイヤーをゲット出来なかったので
また、そのうち作り直すかもしれませんが、
それも苦にならないと思われる程、作る手間はかかりませんでした。

★私ごとですが、明日は Erie お迎え一周年となります。
そんなワケで、動画を参考にウィッグを洗髪しようかな…と。

今はこんな感じ。何度か自分なりの方法で洗髪してますが、
ウェーブが取れてストレートヘアっぽくなったかな(^^;
20110904_before.jpg

ウィッグをスタンドにかけて…と。
(もう少し背を高くしてもイイかな。後でやろうっと)
20110904_stand_setting.jpg

これから洗うから、髪が乾くまで、まっててね♪
20110904_wait.jpg

★今日のメモ
 明日の夜、動画を参考に洗髪した結果のご報告を兼ねて、
 お迎え一周年を振り返る(とまでは、多分いかないけれど)記事を
 投稿出来たらイイなぁ…なんて、思ってます(^^;

★追伸
 トラックバックをご了承下さった、工作ラブボディさんに感謝します。
 ありがとうございました!m(_ _)m
スポンサーサイト
[ 2011/09/04 15:58 ] Erie のケア&メンテ | TB(0) | CM(2)
なるほど
トラックバックってのはこうなるもんなんですねw これならURLをコピペして一部抜粋して紹介、なんて手間が一気に省けますね。


使用した針金は100円ショップなどでよく売っている工芸用のものではないですか?アルミや真鍮の針金に、何らかのコーティングが施されている物と見受けましたが。だとしたら多分ですが、ビニールコートでなくても錆などを心配する必要はないかと思います。

私が使った針金は線径2.5~2.6mmで被覆を含めて3.2mmのものです。材質は鉄なので、ここまで太くなると切るのにも一苦労です。長さ20cm以上のペンチが必要です。鉄線を切る道具は色々ありますが、多分ペンチが一番安上がりだと思います。

将来的な作りなおしに備えた追加情報でした。
[ 2011/09/05 00:27 ] [ 編集 ]
トラックバックご了承ありがとうございました!
工作ラブボディさん、こんばんは。
コメント投下、ありがとうございます!(^^*
今回は、お世話になりました!

ボクも、具体的に何がどうなるのか良く分からないまま(笑)ヒヤヒヤしながら、FC2ブログユーザ向けの「この記事にトラックバックする」というリンクをクリックしたのですが、新規投稿画面に自動遷移すると、リンクと記事の一部(始まり)が、<blockquote>~</blockquote>で囲まれて挿入済みになっていて、なるほど…と思いました。(^^*

他にも、記事のタイトルに引用元のタイトルが初期値として入力済みになっていて、参照や紹介を目的とした記事のお約束を書く手間が省けそうですね。

> 使用した針金は100円ショップなどでよく売っている工芸用のものではないですか?

ご指摘の通り、工芸用のアルミ線です。
そうか、錆の心配がなければ…という事ですね。

ちょっと柔らか過ぎるかも?という心配もあったんですが、
スタンドの形に組んだら結構しっかりしてるみたいです。
(しばらく使って、様子を見てみようかと思います。)

ブログの記事でも拝見しましたが、工作ラブボディさんが使用されている針金は、
かなり強靭なようですね。(その強靭さが無いと、骨格には不向きとの事。)
もしかしたら、ボクも使う事になるかもしれませんので、
忘れないようにしたいと思います。

追加情報まで頂いてしまいお手数をおかけしました。
どうもありがとうございました!(^^
[ 2011/09/05 04:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。